ひぐらし日記 by SWEETCREEK ヨシ

つれづれなるままに日々の雑感

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火

2012/08/05 07:00 ジャンル: Category:雑感
TB(-) | CM(-)Edit

♫夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして~♫

aikoさんの「花火」という曲の歌詞だけど、このフレーズはとても素晴らしい。
なかなかこんな発想は出来ないです。少なくとも私には無理ですね。
ところで、先日、相模湖の花火大会があったのだけど、見に行った訳ではないのですが、たまたま、帰りに峠の上の所を通った時にちょうどドカンとひとつの打ち上げ花火が上がった。
上がったとは言え、高度が低いタイプだったのか、こちらは峠の上にいたので、眼下で花開いた。
上から花火を見下ろした経験はなかったので、ちょっと新鮮でしたね。
まあ、その時このフレーズを思い出した訳です。
どうでもいい話ですけどねw

なかなか見られない風景の思い出をたどると、飛んでる飛行機を上から眺めるというのがあります。
これも遭遇するのはなかなか難しい。
私は飛行機で窓から外を眺めていた時に偶然眼下で他の飛行機とすれ違いその時に見ました。
時速600キロくらいがすれ違う訳ですから一瞬の出来事ですけどね。
予期せぬ風景だったので、印象深く脳裏に焼き付きましたよ。
まあ、これもどうでもいい話ですけどね。

ところで、星座にぶらさがって花火を見るのは、ファンタジックで楽しいイメージなのですが、続く歌詞は「涙を落として火を消した」であり「最後の残り火に手をふった」です。
なんという天才すぎる歌詞でしょう。
感動したw
まあ、極めて個人的などうでもいい話ですけどね。
たまには更新せんとな。


関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。