ひぐらし日記 by SWEETCREEK ヨシ

つれづれなるままに日々の雑感

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CH完成!FCI北陸甲信越インター

2011/06/20 20:18 ジャンル: Category:ドッグショー
TB(-) | CM(-)Edit

19日開催のFCI北陸甲信越インターナショナルドッグショーにナンシーが出ました。
おかげさまで、エクセレントに選ばれ、JKCチャンピオンを完成しました!
応援して下さっていた皆様、誠にありがとうございました。

最初の頃は、芳しくない成績も多かったですが、1枚目のカードを取ってからは大抵上位の成績で安定した力を見せてくれました。
逆に言うと常に今一歩のところで苦杯をなめ、ストレスの溜まる展開でもありました。
おかげで私はうつ病になりリストカットを繰り返す日々でした・・・・・・なんちゃって、冗談です(笑)。
おかげで抜け毛がひどくハゲちゃいました・・・・・・これも嘘です。
おかげで貯金も尽きました・・・・・・これは本当です(爆)。
冗談はさておき、ケビンやハリーのようにトントン拍子という訳ではありませんでしたが、ラストはインターで締めくくることが出来、感無量です。

しかし、日本でのレッドのトイプードルのショーチャレンジがいかに厳しいものかと思い知らされます。
結局、ナンシーにカードをくれた日本人ジャッジは1名のみ、ケビン、ハリー、ナンシーで計13枚のカードを頂きましたが、日本人ジャッジでカードをくれたのは、わずかに4名5枚だけです。
日本人ジャッジのショーに出陳した方が多いのにも関わらずです。
色による偏見が日本人ジャッジに少なからずあるということが言えるのではないでしょうか。
また、外国人ジャッジですといわゆるハンドラーの顔で取るということが出来にくく、犬のみの評価となるため比較的フェアな評価となるのではないでしょうか。
顔は勿論の事、レッドという毛色だけで評価を落とすような見方は改善していってほしいものです。

余談ですが、昨日はいけるという感じが当初からしてましたよ。
なぜかというと、昨日のショーのジャッジは日本人4名外国人4名でしたが、その日本人ジャッジ4名は過去にうちのにカードをくれた4名中3名が名を連ねていたからです。
トイプードル担当はハリーがチャンピオンになった時と同じ台湾の人でしたしね、別人ですが。
もう幸運のオーラがナンシーを包み込んでいたと言っても過言ではないでしょう(笑)。
前回お話したチャンピオン完成後も出続けていたライバルが昨日も出ておりましたが、見事に雪辱を果たす事も出来ました。
幸運とハンドラーさんに感謝です。

来年から、M.CCカードの取得条件も変わり、レッドにとってはさらに厳しい戦いになることが予想されますが、これからもチャレンジしていく所存でございますので、スウィートクリーク冠のレッドをショーで見かけたら、応援お願い申し上げます。

 ナンシーデビュー戦
2009-9-22chiba6.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
ポチッてね
にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ


関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。