FC2ブログ

ひぐらし日記 by SWEETCREEK ヨシ

つれづれなるままに日々の雑感

風評

2011/04/29 01:12 ジャンル: Category:震災
TB(-) | CM(-)Edit

風評被害とは根拠のない理由で農作物等が売れなくなることを指すのだと思うのですが、実際、今よく言われている風評とは、ほんとに風評と言っていいんでしょうかね。
政府の定めた安全基準の範囲内であっても、実際、東北、関東地方で作られている路地栽培の野菜の多くには放射線物質が検出されているわけでしょ。
微量であっても放射線物質の含まれている野菜なんて誰も食べたくないわな。
そもそも、安全基準も震災以降に大幅に緩和している訳だし、安全と言われても信用出来ないんだよ。
消費者が避けるのは当然のことだ。実際、毒が微量ながらも含まれている訳だから。
そして、それが本当に安全なのか否かの根拠も科学的に明快な答えが出ている訳でもないのだから。
事実と理由があって避けているのに、それを風評と呼び、政治家やタレントがアホ面して「おいしい~」なんて言って食べて見せても滑稽にしか映らんわ。

昨日のニュースによると、千葉で出荷停止になっていたにも関わらず、4月1日~22までの間、ホウレンソウ計1万1379束が出荷されていたようですね。
倫理観のない農家は当然非難されるべきでしょうが、起こるべくして起きたという感じでしょうか。
出荷自粛や停止になっても、東電、政府がどの程度補償してくれるのかはっきりしない、いつ補償金が入ってくるのかわからないような状況では、名前借りて他の地域で出荷して、早く現金を手にしたいと思っても不思議ではない。
今回の人たちはばれたけど、ばれずに上手くやってる(笑)農家もいるのではないかと思えてくるね。
国が農漁業者への損害賠償の指針を示したのは昨日が最初。
今後、月2回程度のペースで審査会を開き、7月に原子力損害の全体像をまとめた中間指針を策定する方針だという。
もう全く対応が遅いとしか言いようがないね。
出荷自粛や停止の野菜は、本来の出荷のタイミングで国が買い取り責任もってブルトーザーで潰すなりしないとだめでしょ。
補償金が入るのが何ヶ月も先では、上手くやる奴が後をたたないと思うね。
それがまた、消費者の汚染地域の野菜拒否に拍車をかける。
タレント使って猿芝居をしている暇があったら、早急に損害賠償を払って農家の生活を保証するべきだ。

そもそも、偽装出荷を未然に防ぐために微妙な汚染地域の作付けは今後禁止しなきゃダメだろ。
事前に補償金を明示して禁止する、そうすれば農家も安心して無理には作らないだろう。
国が国民の健康を第一に考えるなら出来るはずだが、まあね、政府に期待は出来んわな。
微量だから安全、安全と言って汚染野菜を国民に食わせて、5年後10年後に癌や白血病が激増したら、いったいどうしてくれるのかね。その頃は政権の座にいないから関係ないのか・・・

あほかいよ。被災地に旅行かよ。 ニュース動画 ↓
「(ゴールデンウイークで)可能な方は、できるだけ被災地の野菜を食べる、被災地に旅行に行く。日本経済全体を活性化することが、被災地への支援、被災地の復興につながってまいります」
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
ポチッとく?
にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ

関連記事
スポンサーサイト